プロフィール

Autodesk(オートデスク)

はじめまして、ひろです。
このページでは僕の経歴をまとめています。随時更新していきます。

数分で読めますので、ちょっとした息抜きにご覧ください

本気で機械設計を27年やりました

国立高専を卒業後に押出機メーカーの設計としてスクリューやダイの設計&加工をメインに付帯設備全般を担当してきました。ギヤボックス・減速機が大好きでした。

会社ではAutoCADで図面を書きMasterCAMで加工データを作成してました。自宅ではIntelliCADとRhinocerosを使ってモノづくりをしていましたが、現在はAutoCADとFusion360を使用しています。

無念ながら退職しました

2022年5月に一身上の都合により退職しました。

いままで有給を消化したこともなく病気で休む事もなく頑張って働いてきました。絶対に「出来ない」と言わないように心掛け、難しい仕事も逃げないでやりました。力仕事や汚れる作業、ちょっと危険な工事も文句を言わずにやりました。

そんな我慢強い僕でしたが新しい職場に移動となり、心が苦しい仕事を任されました。

詳細は書けないのですが・・

新しい職場では何を言っても「適当で大丈夫」、納期とお金のためなら「安全性」は無視。僕はこの仕事を20年以上やってる設計者として100%危険だと判るので絶対にできないし、やりたく無かった。この考え方に耐えられませんでした。

特に今回は中国向けの巨大なプラントで強度計算を無視して製作してしまった場合に、その工場が稼働している間は半永久的に機械のトラブルや人身事故の心配が続くと考えたら怖くて眠れなくなりました。有識者ならこの危険性が判ると思うけど誰にも言えずに相談もできないのが苦しくて悔しかった。

僕は退職を決断し、部長 → 部長 → 無職となりました。

いろいろな物を失いましたが27年やってきた設計としてのプライドを取りました。

これからの自分について

いま頭の中と荷物を整理しています。詳細が決まったらここに追記します。モノづくりが大好きなので諦めてはいません。

タイトルとURLをコピーしました